エアコン洗浄スプレー○○だと逆効果!?悪臭・故障・事故|緑風舎

もっとも手軽にエアコンクリーニングができると話題のスプレー式の洗浄剤。皆さんも一度は手にとってみた事があるのではないでしょうか。

夏になるとホームセンターや電気屋さんに行けば必ず置いてあるやつ、そう、あれです。多くのメーカーがこぞって販売していて、店舗に入るとズラーっと陳列されていますよね。

今日はそんな「エアコン洗浄スプレー」についてお話したいと思います。エアコンクリーニング暦20年の業者だからこそお話できる、メリット・デメリットをこれから購入しようかとお悩みの方の参考になればと思います。

エアコン洗浄スプレーとは

エアコン洗浄スプレーとは、内部に溜まったホコリやカビなどを汚れを落として、内部をキレイする為のものです。スプレーには洗剤が含まれており、エアコンのフィンまたはファンの部分に吹きかけることで汚れを洗い流します。

タイプによっては「除菌」「抗菌」「防カビ」といった効果のあるものもあります。

値段

1本300円~1000円ほどで手に入ります。

ホームセンター、電気屋さん、ドラッグストアなどで販売されています。


※こちらは防カビ+タイプ。詳しい説明は画面をクリック。

使用方法

一般的な作業方法は次のとおりです。

①養生 
周辺が汚れないようにタオルやビニールなどで養生する。

②停止
エアコンのスイッチをOFFにしてコンセントを抜く。

③換気
窓を開けて換気をする。

④分解
エアコン本体の前面パネルを開けフィルターを取り外す。可能であれば前面パネルを分解してアルミフィンを剥き出しにする。

⑤ゴミの除去
アルミフィンにホコリが多く付着していればブラシなどであらかじめ除去しておく。フィンは柔らかく曲がりやすいので傷つけないようにしましょう。

⑥洗浄
アルミフィンに洗浄スプレーを吹きかける。(電装部分に洗浄剤が掛からないように注意)洗浄で出た汚水はドレンホース(排水管)を通って外へ排出されますが、エアコンの吹き出し口(ファン)からも流れ出る可能性があります。

⑦終わり
終わったらパネルを元に戻して運転確認。

手順はざっとこんな感じです。詳しくは商品の取扱説明書をご覧ください。

洗浄効果はあるの?

まず、エアコン洗浄で一番大事なのは、水の圧力+水の量です。パワーの強い高圧洗浄機で一気に洗い流せばエアコン内部はピカピカに生まれ変わります。逆に、弱い圧力と少ない水の量で洗い流すだけならば、エアコン内部は汚れが残ったままになるでしょう。

洗浄スプレーは高圧洗浄を行う業者に比べると、圧倒的に水圧(パワー)が弱く、洗い流す水の量も少ないのが現状です。

従って、何年間もお手入れされていないエアコンを洗浄スプレーで掃除をした場合、汚れが内部に残ってしまう事態になりかねません。

ひどい汚れのエアコンで使うと?

 

洗浄スプレーに入っている水や薬剤は500cc程度なので、エアコン内部をキレイにする為には水の量が全然足りません。結局中途半端に作業を終えることになります。

我々がエアコンクリーニングを行っているとき、時々、変な汚れの出方をする事があります。お客様に「エアコン洗浄スプレーされましたか?」とお聞きすると「はい」とお返事をいただくことが多いです。

変な汚れ方というのは

✅ ダラダラとこびり付いたような汚れが出続ける。

✅ 汚れの塊が大きい。

✅ 吹き出し口あたりのカビの増殖が激しい。

などなど…

スプレー缶による洗浄を中途半端に終えると、エアコン内部で薬剤と汚れが固まる性質があるようです。フィンの見た目はキレイに見えても、実際は奥の方へ汚れを押しやってしまっているだけなのかも知れません。

結局洗浄スプレーは良いの悪いの?

メリット

✅ 内部の汚れが少ない状態での洗浄。

汚れのレベルが低い場合だと、外へ洗い出す量も少なくて済みますので、洗浄効果は「アリ」と考えます。

デメリット

✅ 安易に取り使うとエアコン本体の故障、または火災に繋がることもある。

故障したという事例はかなりたくさん発生しています。電装部分に水がかかると故障や発火の原因になりますので十分注意が必要です。

✅ 完全に汚れを落とせない。

エアコン内部の汚れが大きいほど、多くの水を必要とします。スプレー缶の1本、2本程度では到底足りません。

✅ 嫌な臭いがする。

臭いのキツイ洗浄液を使用しているタイプもあり、臭いが残ったりエアコンの汚れと交わって余計に嫌な臭いがしてしまう事があります。

✅ 洗剤成分が残るとカビや雑菌のエサとなってしまう。

以外にも洗剤はカビや雑菌の大好物!中途半端に洗浄を終えるとエアコン内部はカビだらけになってしまうことも!

✅ 分解や養生などの手間がかかる。

エアコン洗浄スプレーの中には、フィルターだけを取り外せば「OK」というような事が書いてありますが、これでは洗浄できない部分ができてしまいます。きちんと洗浄する為には、エアコンの表面パネルを取り外す必要があります。また、周りに洗浄液が飛び散らないように周辺の養生も必要となるので、意外と手間と時間がかかってしまいます。

最後に

発売当初から多くの方が使用されているエアコン洗浄スプレー。汚れ過ぎたエアコンに使用すると完全に汚れを落とせないばかりか、内部で洗剤と汚れ残った状態となります。

それが原因で、今以上に臭いがキツくなったり、カビの増殖で咳などのアレルギー症状を引き起こす要因にもなりかねません。

長年、エアコンクリーニングに携わってきた我々から言うと、スプレー式の洗浄方法は〝エアコン洗浄〟と声を大にして自慢できるほどの商品ではないと思っています。

ドレンホースから黒い液体(汚水)が流れ出るので、キレイになった!と思われるかもしれませんが、それは「汚れが落ちた」のではなく「汚れているのが分かった」という程度のものだと割り切って使ってもらいたいと思います。

本当にキレイにしたいならば、強い圧力で洗浄しているプロの業者さんに依頼することをオススメ致します。多少の出費はかかりますが、きちんと掃除をしてもらってキレイな空気を吸うほうが良いと思いませんか?

大阪でのエアコンクリーニング好評受付中!

緑風舎でのお掃除が初めてというお客様へ

正確な料金・作業時間・故障した場合のアフターケアなどなど、初めてのお客様は不安がいっぱいあるでしょう。どんな些細な事でも構いません、なにか気になる事、質問したい事がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

ご注文・お問い合わせは下記の「メールフォーム」をクリックしてください。

メールフォーム

担当スタッフがお客様の疑問を全力でサポートします!

※お知らせいただいたご連絡先へのセールスは一切致しません。

緑風舎 代表 川満則明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA