エアコンから水漏れがする原因と対処法|エアコン洗浄の緑風舎

どうもこんにちわ。緑風舎のMARUです。エアコンを使っていたら突然水がポタポタと・・そんな経験はありませんか?

夏場になるとお客様から「エアコン付けると水が漏れるんですけど」とお問い合わせいただくことが多くなります。今日はそんなトラブル「水漏れ」の原因や対処法についてお話しようと思います。水が漏れるからといって修理依頼や買い替えをされる前に、一度ご参考にしてもらえたらと思います。

 

■ 水漏れの主な原因はドレンホースの詰まり

水漏れの原因としてもっとも多いのがドレンホースの詰まりからくる水漏れである。ドレンホースって何?って人も多いると思いますので、まずはドレンホースについて軽く説明していきましょう。

ドレンホースとは

ドレンホースとはエアコン室内機で発生した結露を屋外へ排出するホースのことです。冷房運転をすると熱交換器(フィン)から結露が発生します。発生した結露の水は「ドレンパン」という水を溜める受け皿に流れ込み、最終的にドレンホースを通って外へ排出する仕組みになっています。

ドレンホースの確認方法

一般的に室外機が置かれているベランダなどの排水溝にホースの出口が置かれていることが多いです。冷房運転中に水が流れているホースがあれば、それがドレンホースとなります。

それでは、ドレンホースが詰まる原因について説明していきましょう。

なぜドレンホースが詰まるの?

長年使い続けたエアコン内部は、ホコリの他に「カビ」や「細菌」が多く繁殖しています。それらの汚れは、室内機だけでなくドレンホース内にも付着していき、やがて排水機能がうまく働らなくなってしまいます。その為、水の受け皿であるドレンパンから水が溢れかえってしまい、エアコンから水が漏れるといったトラブルになるのです。

汚れの次に多いのが、カナブンやゴキブリなどの昆虫が、ドレンホースの出口から侵入してホースを塞ぐケース。直径1cmほどの穴が開いているので、小さな昆虫は簡単に入ることができちゃいます。

昆虫にとってエアコン内部は湿った暗い場所で水や食料も豊富なのです。天国のような場所で生涯をまっとうしたであろうゴキブリが、高圧洗浄中に出てくるのは珍しい事ではありません。


■ ドレンホースの詰まり解消法

それでは、ドレンホースの詰まりを解消させる方法はいくつか紹介していきましょう。

ドレンホースの出口を振ってみよう

まず試してもらいたいのがこの作業。こんなことで?と思われるでしょうが我々も現場でやってます。エアコンクリーニング中にドレンホースからの排水量が少なかったり、全く出ていなかったりしていると、ドレンホース内が詰まっていることになります。

詰まりがドレンホースの出口付近の場合は左右に振るこれで解消することもあります。

市販されている工具を使用する

通販などでドレンホースの詰まりを解消させるものが売られています。修理を頼むと高額な料金になってしまいますが、ご自分でされると1000円ほどで済み節約できます。やり方は超簡単、真空ポンプをホースの先端に突っ込んで、取っ手のレバーを押したり引いたりするだけ!コツは押すときはゆっくり、引くときは早め!(豆知識)是非お試しください。

ホースの出口から掃除機で吸い込む。

真空ポンプと同じく、ドレンホース内の汚れを吸い込むことができます。ただし、掃除機は水を吸い込んでも大丈夫な乾湿両用タイプの掃除機で行ってください。普通の掃除機だと故障するだけでなく大変危険です。ドレンホース内をバキューム

それでも駄目なら(業者専用)

ホースを振っても、真空ポンプや掃除機で吸っても詰まりが解消されない場合時は、高圧洗浄機でホース出口から一気に水を流し込み汚れを除去させます。緑風舎ではこの方法が最終手段となります。この方法により99%の詰まりを除去することができます。

※この方法はエアコンの仕組みについて詳しい知識のあるものだけが作業してください。


■その他の水漏れ原因

ドレンホースの詰まり以外にも次のような事が原因で水漏れが発生します。

室内機の汚れ

熱交換器(フィン)に汚れが多く付着すると、結露した水がドレンパンに流れずに、違う道筋を通ってしまうことがあります。正常に排水できなくなった水は室内へと漏れてしまいます。知識のある業者を選び、エアコンクリーニングを行いましょう。

ガスの不足

ガス圧の低下による過冷却が原因で熱交換機(フィン)が凍ることがあります。その過冷却されて溶けた水が正常にドレンパンの受けに流れずに、はみ出してしまって水漏れを引き起こすことがあります。ガスの不足には、管の破損、接続部のゆるみなどが考えられます。

基板などの電気系統に水が掛かると、故障だけでなく火災の恐れもあります。アルミフィンが凍っていたら直ちにメーカーに相談してください。

ドレンパンが破損している

修理や掃除などの工事でエアコンを分解したときにドレンパンを破損。

ドレンパンとドレンホースの接続不良

エアコンの取り付けの際に接続が甘かったり、修理や掃除などの工事でエアコンを分解したときにホースが抜けてしまった。

最後に

エアコンからの水漏れでお困りの方でしたら、これらの方法をお試しいただけたらと思います。ただ、お掃除のプロ目線から一言いわせてください。

もし、ドレンホースの汚れが原因で詰まっているならば、室内機も当然汚れています。その汚れには「ホコリ、カビ、ダニの死骸や糞、ゴキブリなどの死骸や卵」が含まれています。それらの汚れた空気をお部屋の中を循環しているという現実を是非分かってください。

健康のためにも定期的なエアコンクリーニングをお勧めいたします。

最後までご観覧ありがとうございました。

緑風舎 スタッフ MARU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA